育てやすい観葉植物とシーンに合った選び方。

TOP > 育てやすい観葉植物とシーンに合った選び方。

リビングに飾るインテリアや部屋に緑が欲しい時などに置くことで清々しいイメージを醸し出せるアイテムとして観葉植物は世界中で多くの人々に愛される植物です。
観葉植物には誰でも育てやすいものばかりでなく、環境に左右されやすい性質の種類は毎日お手入れをする上で知識が必要な場合もあります。


最初に上級者向けのものを選んでしまい、すぐに枯れてしまったという方も少なくはないです。

学校や仕事で忙しい生活を過ごす方でも、簡単にリビングに置いて長生きする種類を選ぶには、様々な観点から着目してセレクトする必要があります。



育てやすい観葉植物の選び方は、その観葉植物の持つ形状や高さ、緑の度合いや葉の大きさなどが齎すイメージが自分の部屋にマッチングするかどうかを想像してから選ぶ流れになります。

リビングに向いている種類は、床に置いた状態をイメージした高さがある種類を選ぶと良いです。


木の部分が長く、高さがある品種は比較的に1週間に1度ぐらいの頻度で水を入れるだけで約10年は余裕で生き続ける種類が多く人気があります。



葉が長い床置きタイプの観葉植物は基本的に乾燥に強く、耐寒性もあって育てやすいです。
また、デスク用にちょっとした緑が欲しくて選ぶ際は、葉の形状や大きさはかなりセンスに影響します。


葉の形状だけでなく、入れる「鉢」もかなり重要です。



シンプルなデザインから素材の質によって部屋の印象のイメージが顕著に異なります。ガラス素材はエレガントな雰囲気の部屋やモダンなテーマに合わせやすいです。